在宅医療

Home > 事業内容 > 在宅医療

「動く」薬局を目指して

ミドリ薬局は地域密着型の「在宅・居宅医療」にチカラを注いています。

往診を受けていて、病院やクリニックに受診することが難しい方。なんとか頑張って、受診することはできるが、薬局に薬を取りに行くことが難しい方。

本当は家に帰って、治療・療養生活を送りたいが、点滴薬の治療を受けていたり、経管栄養(口から食事が取れない方の治療)を行っていたりするため、自宅に帰ることが難しい方。

癌などの重い病気と闘っていて、痛みがあり、医療用麻薬やその点滴が必要な方。

このような、過酷な環境にある方に対し、ミドリ薬局では種々のサービスを提供しています。

一人の患者さまを大きな医療の輪の中に。

すでに、多くの患者さんやご家族に対して、ご自宅や、ご施設まで、お薬をお持ちし、薬の調剤から管理まで、きめ細やかなサービスを提供しており、ご自宅で快適に療養生活を送られている方々がたくさんいます。

ミドリ薬局では、内服薬・外用薬に限らず、各種点滴の無菌調剤、医療用麻薬の点滴を用意するための無菌調剤施設を、病院と同様に備えています。

くすりのミドリ 事業内容 在宅医療ページの画像

ミドリ薬局ではどうしてそのようなことが可能なのでしょう。

その答えは、地域に根差した、地域密着型の薬局だからです。

同時に、ミドリ薬局は一人の患者さまを大きな医療の輪の中に入れ、チームを組んで医療を行っているからです。

病院・クリニックのお医者さんや歯科医師さん、自宅での医療のかなめとなる訪問看護師さん、種々の調整役であるケアマネージャーさんやソーシャルワーカーさん、日常生活をお手伝いして下さる介護職の皆さん。公的な支援から、地域医療の調整役である保健師さん、そのほかにも、病状に応じて、理学療法士さんや作業療法士さん、言語聴覚士さんなど、その専門職を上げるときりがないぐらい多くの方々とチームを組んでいます。

チーム医療が必要になったと思ったら。

くすりのミドリ 事業内容 在宅医療ページの画像

ミドリ薬局は、各チームの中で「薬の専門家」として、お薬にかかわる全般的な支援を行っています。
では、すべての方が、これらのサービスを受けることができるのでしょうか。

残念ながら、現実は違います。

チームとして「ミドリ薬局が必要である」と(医師及び歯科医師の)判断を受けた場合であれば、ミドリ薬局のサービスを受けることができます。
ですから、チーム医療に必要になったと判断された時点でサービスの提供が開始されます。

では、それはいつなのか?

だまってまっていたら、いつかミドリ薬局のサービスを受けられるのでしょうか?
それは違います。

ミドリ薬局として、サービス提供が必要と判断された場合は、医師や歯科医師、そのほかの多くのチームに声をかけ必要性を訴えることができます。
ですから、ぜひ一度われわれミドリ薬局でお話やお悩み事を聞かせてください。

なぜならミドリ薬局は地域に根差した在宅医療に力を注いでいる数少ない薬局だからです。

img_bnr_careinterview

このページの先頭へ