誰一人取り残さない社会を目指して

Home > 新着情報一覧 > 誰一人取り残さない社会を目指して

誰一人取り残さない社会を目指して

2017.08.03

はたして地球はいくつ必要なのか?

皆さんは「オーバーシュート」と言う言葉を聞いたことがあるでしょうか。

人類による「自然資源の消費が地球の生物の生産力を超過」することを、生態的オーバーシュートと言います。

国際シンクタンク「グローバル・フットプリント・ネットワーク(GFN)」は、昨日8月2日が、2017年の 「アース・オーバーシュート・デー」であると発表しました。

この日は、「人類による自然資源の消費が、地球が持つ一年分の再生産量とCO2吸収量を超えた日」を意味します。

つまり、今年は人類で1年で使うべき分量の地球の資源を、すでに昨日で使いつくしてしまったことになります。現在の資源の消費ペースだと、私たちの生活を満たす自然資源を生み出すためには、地球は1年間に1.7個必要になります。

誰もが幸せでいたい

2015年の国連総会において、今後15年間で世界が目指すべき共通目標に「持続可能な開発目標」(SDGs:Sustainable Development Goals)が採択されました。

「誰一人取り残さない」をスローガンとして、さらに「すべての人に健康と福祉を」「働きがいも経済成長も」「住み続けられるまちづくりを」などの17の目標を掲げています。

企業も重要な担い手として期待されている。

自然資源の果てしない消費に繋がる企業活動は、一部の人の欲求を満たすことはあっても、すべての人々の幸福にはつながりません。

有限会社くすりのミドリは、「持続可能性(サステナビリティ)」を前提とした日ごろの活動を実践していくことを、今日ここに宣言します。

このページの先頭へ

ツールバーへスキップ